新じゃがいもとじゃがいもの違いって何だろう?

新じゃがいもとじゃがいもの違いって何だろう?

新じゃがいもとじゃがいもの違いって何だろう?

じゃがいもは、年中購入出来、様々な料理にアレンジ可能な万能食材ですね。

嫌いという人は、少ないのではないでしょうか。

今回は、春先になるとスーパーで並び始める新じゃがいもと通常のじゃがいもの違いや新じゃがいもを使った簡単レシピをご紹介したいと思います!

新じゃがいもとじゃがいもはどう違うの?

新じゃがいもとじゃがいもはどう違うの?

新じゃがいもとは、通常のじゃがいもを早く収穫したものです。

つまり、新じゃがいもは通常のじゃがいもと同じ品種ということです。

新じゃがいもは、完熟前の葉と茎が青い段階で収穫されたもので、皮がとても薄く、水分を多く含んでいるため軟らかいのが特徴です。

一方、通常のじゃがいもは、完熟してから収穫されます。新じゃがいもと比べると硬く、デンプンが多く含まれています。ホクホクした食感が特徴的です。

新じゃがいもの保存方法

通常のじゃがいもは長期間保存することができますが、新じゃがいもは水分が多いためあまり日持ちしません。

最適な保存方法は、日が当たらないように紙類で包み、風通しの良い場所で保存しましょう。

冷凍保存は食感が変わってしまう為、向いていません。

また、新じゃがいもは低温に弱い食材なので冷蔵庫に入れて保存する事もお勧めしません。

新じゃがいもをじゃがいもと同じ感覚で保存しているとすぐにダメになってしまうので気を付けましょう。

新じゃがいもとじゃがいもの栄養価

 新じゃがいもとじゃがいもの栄養価

新じゃがいもは、通常のじゃがいもを早めに収穫したものなので、含まれている栄養は通常のじゃがいもと同じで、主成分はエネルギー源となるデンプンです。

ですが、新じゃがいもには、ビタミンB群・ビタミンC・ミネラルが豊富に含まれています。特に注目したい栄養価が、ビタミンCです!

通常のじゃがいももビタミンCが含まれていますが、新じゃがいもの方が豊富に含まれています。なんとレモンと同じくらいビタミンCが豊富に含まれている食材なのです。

しかも、ビタミンCは水や加熱に弱い栄養価なので、調理の最中にビタミンCがどんどん失われてしまいがちなのですが、じゃがいもに含まれているビタミンCは、でんぷんに守られている為、加熱しても壊れにくいのが大きなポイントですよね。

成人病の予防や美容にも効果が期待できる食材の1つと言えますね。

また、新じゃがいもも通常のじゃがいもも栄養価は、皮と実の間にあります。

ただ、通常のじゃがいもは、皮を剥いてから食べることがほとんどだと思うので、そういった点で皮付きのまま食べられる新じゃがいもの方が、効率的に栄養素を摂り入れやすいのではないでしょうか。

新じゃがいもを使った簡単レシピ

新じゃがいもバター

新じゃがいもバター

今回は、バターとにんにくを入れた少し大人味のじゃがバターです。

やみつきになること間違いなしの一品。是非お試しください!

【材料】
・新じゃがいも…4、5個
・バター(またはマーガリン)…50g
・にんにくチューブ…4㎝程度
・マジックソルト…2~3g
・乾燥パセリ…お好みで少々

【下準備】

・バターを電子レンジで10~20秒(600W)温め、柔らかくし器にバター・にんにくチューブ・マジックソルトを入れて、よく練りバタークリームを作っておきます。

【作り方】

1.新じゃがいもを水でよく洗い、皮つきのまま4等分くらいの大きさに切ります。シリコンスチーマーに入れて、電子レンジ(600W4分程度)で加熱します。その後、そのまま2,3分放置します。

2.蒸らした後、じゃがいもに竹串を刺してみて、スッと通れば火が通っているので確認してみましょう。

3.シリコンスチーマーからじゃがいもを器に移し、上からバタークリームを乗せ、飾りにパセリを散らせば完成です!

【レシピのポイントとコツ】

・新じゃがいもを水で洗った後は、水気はしっかり取らなくて大丈夫です。
・シリコンスチーマーが家にない方は、耐熱容器に入れてラップをかけて電子レンジで加熱してください。
・新じゃがいもの栄養価は、皮と身の境目に多く含まれているので、皮ごと調理することをお勧めします。

このレシピを動画で見てみる

最後に

いかがでしたでしょうか。

新じゃがいもは、通常のじゃがいもと同じものですが、収穫のタイミングが違い、通常のじゃがいもよりもビタミンCを豊富に含んでいることが分かりました。

でんぷんでコーティングされているので、加熱してもビタミンCが失われないのがとても嬉しいですよね。

新じゃがいもを皮付きのまま調理して、効率よくビタミンCを摂り入れたいなと思いました。

新じゃがいもを食べて、内側から身体をケアし健康且つ美肌をキープしていきたいですよね。

でも、1つの食材で様々なレシピを考えるのも料理の楽しさの1つですが、なかなかたくさんは思いつかないですよね。

いつもとは、違った料理が楽しみたいなという時にお勧めなのが、まごころケア食です。

管理栄養士が栄養バランスをしっかりと考えて作った食事が手軽に食べられます。

自分では、普段作らないようなおかずも食べられるかもしれませんね。更に栄養バランスだけでなく食材にもこだわって作られているのも嬉しいポイントです。

1食分ずつ冷凍パックされているので、冷凍庫にストックしておけば忙しい日でも栄養をしっかり摂ることが出来ます。

是非、気になった方はホームページをご覧ください!

この記事の作成者:M.Y(ライター)
この記事の提供元:シルバーライフ

記事一覧へ戻る