かぶの下処理方法もご紹介!かぶのそぼろあんの作り方

かぶの下処理方法もご紹介!かぶのそぼろあんの作り方

とろっとした食感で優しい甘みがあるかぶとうまみたっぷりのそぼろあんの組み合わせが美味しい「かぶのそぼろあん」は、冬に食べたい定番おかずのひとつ。

今回は、かぶのそぼろあんの作り方とかぶの下処理方法、とろみの上手な付け方について詳しくご紹介します。

秋冬のかぶは甘みが強くなりさらに美味しくなりますよ。ぜひ、旬のかぶを使って作ってみてください。

◆寒い季節に食べたい!かぶのそぼろあん

とろっとやわらかく煮えたかぶとうまみたっぷりのそぼろあんが美味しい「かぶのそぼろあん」。

そぼろとは、肉や魚などをゆでたり炒めたりして細かくほぐしたもののことです。

そぼろあんは片栗粉でとろみをつけているので料理が冷めにくく、寒い季節にも嬉しい料理です。

かぶは味にクセがなく、和洋中さまざまな料理に活用できる野菜です。春と秋の年2回旬があり、春ものはやわらかい肉質が特徴で、秋ものは甘みが強くなります。

かぶの実の部分には、ビタミンCやカリウムが豊富で、胃もたれや胸やけの予防改善に効果が期待できる消化酵素のアミラーゼも豊富に含まれています。

また、かぶの葉は緑黄色野菜に分類され、β-カロテンやビタミンC、鉄、カルシウムなどのミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。葉も捨てずに料理に活用したいですね。

◆美味しいかぶの選び方とは?

美味しいかぶの選び方とは?

かぶは実にハリがあり、傷がないもの、ヒゲ根が少ないものを選びましょう。

葉と実をつけたままにしておくと葉がどんどん水分を奪ってしまうので、購入後はすぐに葉と実を切り分けて保存します。

葉はぬれた新聞紙やペーパータオルに包んでビニール袋に入れて冷蔵庫で保存し、実はビニール袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

葉はあまり日持ちしないので早めに使い切るのがおすすめです。実は3日〜4日を目安に食べ切るのがおすすめです。

◆かぶの下処理方法

かぶの下処理方法

かぶは茎の根元に土や泥などがたまりやすいので、茎を少しつけたまま調理する場合は、きれいに洗ってから調理します。

まず、茎を少し残して切り落とし、かぶの実をよく洗います。

ボウルに水をはり、かぶを入れて竹串で茎の間の汚れをかき出すようにして取り除きましょう。

汚れが落ちにくい場合は、しばらく水につけておくと汚れが浮いてくるので下処理がしやすくなります。

ひげ根がついている方から茎にむかって縦に皮をむき、用途に合わせて切り分けてから調理します。

◆とろみを上手につけるには?

とろみを上手につけるには?

片栗粉を使ってとろみをつける際、ダマができてしまったことはありませんか?

3つのポイントを押さえれば、上手にとろみをつけることができますよ。

・片栗粉はあらかじめ水で溶いておく
・液体を混ぜながら片栗粉を加える
・とろみがつくまで加熱する

片栗粉は料理に加える前にあらかじめ水で溶いておくことがポイントです。

片栗粉と水の割合は、1:2がおすすめ。時間が経つと片栗粉は下に沈んでしまうので、使用する前によく混ぜてから加えましょう。

片栗粉が1ヶ所にかたまって入ってしまうとダマができる原因になります。

料理に水溶き片栗粉を加える時は、スープや煮汁などを混ぜながら水溶き片栗粉を加えることで均一に混ぜることができ、ダマができにくくなりますよ。

また、片栗粉は60度以上に加熱しないととろみがつかないので、片栗粉を加えてから1分以上は加熱しましょう。

◆レシピ|かぶのそぼろあん

少し薄味のおだしがかぶの上品な甘みによくあいます。しょうがを少し加えることがポイントです。

レシピ|かぶのそぼろあん

【材料(2人分)】
かぶ…2個
豚ひき肉…100g
しょうが…1/2片

Aだし汁…200ml
Aうすくちしょうゆ…大さじ1
Aみりん…大さじ1
A酒…大さじ1

B片栗粉…小さじ2
B水…小さじ4
サラダ油…小さじ1

【作り方】
①かぶは茎を1㎝ほど残して葉を切り落としてきれいに洗う。皮をむいて縦4〜6等分に切る。しょうがはみじん切りにする。【B】を混ぜ合わせておく。

作り方①

②鍋にサラダ油としょうがを入れて弱火にかける。香りが出てきたら、豚ひき肉を加えて中火で炒める。

作り方②

③ひき肉の色が変わったら、かぶと【A】を加える。沸騰したらアクを取り除き、落とし蓋をして弱火で約15分煮る。

作り方③

④かぶに火が通れば、混ぜ合わせた【B】を加えてとろみをつける。

作り方④

【ポイント】
・かぶは小ぶりなものなら3個、大きめのものなら2個使用してください。
・鶏ひき肉を使って作っても美味しいです。
・かぶは皮の付近の繊維がかためなので、少し厚めに皮をむくと舌触りがよくなります。
・かぶの葉を加えて一緒に煮ても美味しいです。
・水溶き片栗粉の分量は煮汁の蒸発加減によって分量を調整してください。

◆まとめ

まとめ

かぶの栄養や下処理方法、片栗粉のとろみの付け方、かぶのそぼろあんの作り方についてご紹介しました。

秋〜冬のかぶは、甘みが強く煮物にピッタリです。ぜひ、旬のかぶを使って「かぶのそぼろあん」を作ってみてくださいね。

健康維持のためには食事の栄養バランスを整えることが欠かせません。

バランスのいい食事とは、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルを過不足なく摂取できる食事のことです。

これらの栄養素は互いに協力しながら働いているので、何かの栄養素が不足すると体に不調が現れる場合もあります。

バランスよく食べるためには、主食、主菜、副菜がそろった定食形式で食事を用意するのがおすすめです。

いろいろな食材を摂取しやすいので、自然と栄養バランスが整いますよ。

また、主菜が炒め物なら、副菜は油を使わない和えものや煮物にするなど、異なる調理方法で献立を組み立てることもポイントです。

ぜひ、定食形式で食事をとることを心がけてみてくださいね。

しかし、毎食栄養バランスを考えて料理をするはなかなか大変ですよね。そんな方におすすめなのが、「まごころケア食」のお弁当です。

まごころケア食のお弁当は、1食に主菜1品と副菜3品が入っており、和洋中とバリエーションも豊富!さらに、管理栄養士監修で栄養バランスもバッチリです。

1食分ごとに冷凍されているので、電子レンジでチンするだけですぐに食べることができますよ。まずは、気軽に注文できる「7食セット」がおすすめです。

手軽に栄養満点な食事がとれる「まごころケア食」のお弁当を活用してみてはいかがでしょうか?

この記事の作成者:松井さゆり(フードコーディネーター)
この記事の提供元:シルバーライフ

記事一覧へ戻る