チャーハンを美味しく作るポイントは?「梅じゃこチャーハン」レシピ

チャーハンを美味しく作るポイントは?「梅じゃこチャーハン」レシピ

チャーハンは少ない材料で手軽に作ることができるので、家庭でもよく作られているメニュー。

しかし、ご飯がパラパラに仕上がらないなど、美味しく作るのが難しいメニューでもありますよね。

今回は、チャーハンを美味しく作るための5つのポイントを紹介していきます。

梅干しとちりめんじゃこを加えた少し和風な「梅じゃこチャーハン」のレシピもぜひご覧ください。

◆チャーハンとはどんな料理?

チャーハンとはどんな料理?

チャーハンは中国が発祥の料理です。

漢字では「炒飯」と書くように、炊いたご飯と卵、野菜、肉などを炒めて作ります。

塩・こしょうでシンプルに味付けしたり、しょうゆを使用して味付けする場合もあります。

チャーハンと見た目がよく似た料理に「ピラフ」がありますが、この違いをご存知ですか?

まず、発祥の国が違うのはご存知の通り。チャーハンは中国生まれの料理で、ピラフはフランスの料理です。

チャーハンとピラフの大きな違いは米の調理方法にあります。

チャーハンは炊いたご飯と具材を炒めて作りますが、ピラフは生米を炒めてからブイヨンなどのスープを加えて炊きます。

ピラフは洋風の炊き込みご飯のようなものだと言えますね。

チャーハンとピラフのルーツはどちらもインドの「プラーカ」という料理だと言われています。

プラーカとは、肉を煮込んだ煮汁を使って炊いたご飯と肉を炒めた料理です。

インドから中国に伝わったものがチャーハンになり、インドから中東を経由してフランスに伝わったものが「ピラフ」になったと言われています。

◆美味しいチャーハンを作るポイントは?

美味しいチャーハンを作るポイントは?

チャーハンは、少ない材料で手軽に作れる料理。昨日の残りご飯を美味しく食べることもできるので、家庭でもよく作られている定番メニューのひとつですよね。

しかし、作り方によってはご飯がべちゃっとしてしまうなど、美味しく作るのがなかなか難しい料理でもあります。

ここでは、美味しいチャーハンを作るための5つのポイントを紹介していきます。

・油をよく熱する

まず、フライパンに油を入れてよく熱してから具材を加えることがポイントです。

油は1人分に対して大さじ1が目安。少し多いと感じるかもしれませんが、油が少ないとご飯がパラパラに仕上がりにくくなります。

・温かいご飯を使う

冷たいご飯を使用するとほぐれにくいので、温かいご飯を使用することもポイントです。

冷たいご飯を使用するとフライパンの温度が下がってしまい、火が通るまでに時間がかかる原因にもなります。

炊きたてのご飯である必要はありませんが、冷やご飯を使用する場合は電子レンジで温めてから調理しましょう。

・ご飯を切るように炒める

油を熱したフライパンに溶き卵を加え、卵が半熟のうちにご飯を加えましょう。

木ベラなどを使って「ご飯をフライパンに軽く押さえては切る」ように炒めるとパラっと仕上がります。

・フライパンは振らない

中華料理店ではフライパンを振って調理をしているイメージがあると思いますが、これは業務用のガスコンロの火力が強いためです。

家庭用のガスコンロを使用して作る場合は、振りながら作るとフライパンの温度が下がる原因にもなります。

フライパンを火から離さず炒めることも美味しく作るポイントです。

・一度に作るのは1〜2人分

一度に作る量が多くなるとフライパンの温度が下がってしまったり、混ぜにくくなるのでパラっと仕上がりにくくなります。

そのため、直径26㎝程度のフライパンを使って作る場合は、1人分か2人分で作るのがおすすめです。

◆レシピ|梅じゃこチャーハン

梅干しとちりめんじゃこを加えた少し和風のチャーハンです。お好みで青じそを加えても美味しいです。

レシピ|梅じゃこチャーハン

【材料(2人分)】
ご飯…400g
ちりめんじゃこ…20g
梅干し…2個
白ねぎ…1/2本
卵…2個
鶏ガラスープの素…小さじ1/2
しょうゆ…小さじ1
塩・こしょう…各少々
ごま油…大さじ2

【作り方】

作り方①

①梅干しは種を取り除き、包丁でペースト状になるまでたたく。白ねぎはみじん切りにする。卵は溶きほぐす。

②フライパンにごま油を中火で熱し、溶き卵を加える。ざっとかき混ぜたら、ご飯を入れて炒める。ご飯がパラっとするまでフライパンに軽く押さえては切るを繰り返す。

作り方②

③ちりめんじゃこ、白ねぎを加えて炒め合わせる。梅干しを加えてザッと混ぜ、鶏ガラスープの素、塩・こしょうで味付けする。鍋肌からしょうゆを回し入れて炒めれば出来上がり。

作り方③

【ポイント】
・梅干しは塩分8%のしそ漬けを使用しました。梅干しの塩分量によって量を加減してください。
・ご飯は温かいものを使用してください。

このレシピを動画で見てみる

◆まとめ

チャーハンを美味しく作るための5つのポイントを紹介しました。チャーハンはシンプルな料理なので、具材の組み合わせを変えることでさまざまなアレンジも楽しめます。

フライパンひとつで手軽に作れるので、休日のランチにもピッタリですね。

ぜひ、お好みの具材を組み合わせて作ってみてくださいね。

健康維持のためには、バランスの良い食事と適度な運動、良質な睡眠が欠かせません。

バランスのいい食事をしたいと思っていても、毎食栄養バランスを考えて自炊をするのはなかなか大変ですよね。

そんな時にもおすすめなのが「まごころケア食」のお弁当です。

「まごころケア食」のお弁当は1食分ずつ冷凍パックになっているので、電子レンジで温めるだけですぐに食べることができます。

バラエティー豊富なおかずは、国内工場でひとつひとつ手づくりされており、管理栄養士がメニューを考えているので栄養バランスもバッチリです!

和洋中とメニューも豊富で、毎日でも美味しく食べることができますよ。

栄養バランスが整ったお弁当は、体型が気になってきた方や食事に気を付けたい妊婦さん、高齢者の方など、さまざまな年代の方におすすめです。

まずは、気軽に注文できる「7食セット」がおすすめ!栄養満点な「まごころケア食」のお弁当をぜひお試しください。

この記事の作成者:松井さゆり(フードコーディネーター)
この記事の提供元:シルバーライフ

記事一覧へ戻る