チコリの栄養|今話題のお洒落食材

チコリの栄養|今話題のお洒落食材

チコリは、キク科の野菜で、日本ではまだ馴染みがありませんが、ヨーロッパでは大変よく食べられている食材です。
日本では、オードブルやサラダとして出てくることが多い食材ですね。
チコリは、様々な調理方法が楽しめるだけでなくカフェインレスコーヒーとしても古くから使われてきました。
今回は、チコリの栄養価や話題のチコリコーヒーについてもご紹介したいと思います!

チコリの選び方と保存方法

新鮮なチコリの選び方と保存方法

・選び方

・触った時にしっかりと葉に締まりがあり、全体的に白く葉先が綺麗な黄色の物。
・軸の切り口が茶色く変色していない物。

・保存方法

チコリは乾燥しやすいので、ラップなどで包み冷蔵庫に入れましょう。

チコリの栄養価について

チコリの持つ栄養価には、どのような効能が期待出来るのでしょうか。
特に注目したい栄養価についてまとめました。

・イヌリン

チコリには、イヌリンという水溶性食物繊維の一種が多く含まれています。
イヌリンは、腸内で糖分を吸着し分解を抑制することが出来、ブドウ糖に分解されて小腸から吸収されるのを遅らせる働きがあります。その為、食後の高血糖予防や糖尿病の予防に大変効果的と言われています。

・タンニン

チコリには、タンニンも多く含まれています。
タンニンは植物に含まれるポリフェノールの1つです。
タンニンには、タンパク質に作用して組織などを縮める収れん作用があります。
その為、肌を引き締める効果が期待できる栄養素です。
美肌になりたい方には嬉しい栄養素ですね。
その他にもタンニンには、抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去する働きがあります。体内の酸化を防ぎ、アンチエイジング効果が期待出来ます。

チコリコーヒーについて

チコリコーヒーをご存知でしょうか。
今ダイエットに効く飲み物として注目されていますね。
チコリの根を焙煎するとコーヒーに似た味になる為、今注目されているカフェインレスコーヒーです。ちなみに、お茶にもチコリが含まれている場合があり、有名な爽健美茶(そうけんびちゃ)にもチコリが含まれているそうです。
なぜチコリコーヒーがダイエットに効果的なのかというと、チコリに含まれるイヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維の力によって腸内環境が正常化され悪玉菌の数が減り、腸内環境改善にとても効果的だからです。
腸内環境を改善することによって多くの女性の悩みである便秘解消に繋がります。
また、チコリコーヒーは、味も大変美味しいです。ダイエットの為とはいえ、美味しくない物を長く飲み続けることは難しいですよね。チコリコーヒーは、無理なくダイエットが続けられるのでそういった意味でもおすすめです。
更に最近では、チコリコーヒーは血糖値を抑える働きがあると研究結果が出たと言われているので、ダイエットだけでなく健康面に気を付けたい方にもお勧めのコーヒーと言えます。
ですが、いくら身体に良いと言っても飲み過ぎは良くありません。チコリコーヒーは、1日2杯程度にしましょう。飲む際は、お砂糖は控えることをお勧めします。
チコリコーヒーを飲みながら健康的にダイエットが続けられたら最高ですね。

チコリを使った簡単レシピ

チコリのアンチョビソテー

チコリのアンチョビソテー

今回は、チコリを大きくカットしてグリルしてみました。
苦みが苦手な方でも食べられるようにオイルとチーズを使ったレシピになっています。
ワインとの相性もバッチリなので是非お試しください!

【材料】(約2人分)
・チコリ…2個
・アンチョビフィレ…約10g
・オリーブオイル大さじ2
・ニンニクチューブ…3,4センチ程度
・白ワイン…大さじ1
・とろけるチーズ…お好みで

【下準備】
・アンチョビフィレは微塵切りにしておきます。
【作り方】
1.チコリは根元を落として縦に半分に切ります。
2.フライパンにオリーブオイル、微塵切りにしたアンチョビフィレ、ニンニクを入れてニンニクの香りがするまで熱します。
3.ニンニクの香りがしっかりしてきたら、チコリを入れて焼き色が付くまで炒めます。
4.焼き目が付いたら、白ワインを加えフタをして弱火で焼きます。
5.小皿にとろけるチーズを入れて電子レンジで溶かします。
6.チコリに火が通ったらお皿に移し、5で溶かしたとろけるチーズを乗せれば完成です!

【レシピのポイントとコツ】
・オリーブオイルでアンチョビフィレとニンニクを痛める際、油跳ねする場合があるので十分にお気を付けください。
・チコリの苦みが苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、今回のレシピは、オリーブオイルとチーズを使って苦みをマイルドに仕上げているので是非挑戦してみてくださいね。

チコリレシピのまとめ

いかがでしたでしょうか。
最近、スーパーでチコリを見かけるけど、どうやって食べていいか分からない!と買うことをためらっていた方も、今回の記事でチコリに興味を持っていただけたら嬉しいです。
様々な調理方法が楽しめる食材なので自分にあったチコリ料理を発見してみてくださいね!

記事一覧へ戻る