「しらす」と「ちりめんじゃこ」の違いとは?

「しらす」と「ちりめんじゃこ」の違いとは?

「釜揚げしらす」と「しらす干し」、「ちりめんじゃこ」はどれもよく似ている食材ですが、この違いが何かご存知ですか?

しらすとちりめんじゃこの違いや栄養についてご紹介します。おつまみにぴったりな簡単レシピもぜひご覧ください。

◆しらすとちりめんじゃこの違いは?

しらすとちりめんじゃこの違いは?

スーパーには、「釜揚げしらす」や「しらす干し」、「ちりめんじゃこ」など、よく似た白い小魚が違う名前で並んでいますが、この違いをご存知ですか?

この三種類の原材料は全て同じイワシの稚魚。カタクチイワシやウルメイワシなどの稚魚を水揚げし、塩ゆでして加工したものになります。

しらすとちりめんという呼び名の違いは、一般的に乾燥度によって分けられています。

・釜揚げしらす

釜揚げしらすは水揚げしたしらすを塩ゆでしたもので、水分量が8〜9割程度残っているものを指します。水分量が多いため、あまり日持ちしません。

・しらす干し

しらす干しは、釜揚げしらすを機械や天日で軽く干して、水分量を5〜7割程度にしたものです。

・ちりめんじゃこ

ちりめんじゃこは釜揚げしらすを機械や天日でじっくりと干して、水分量を5割以下にしたものです。釜揚げしらすに比べて食感がかたくなりますが、うまみが濃縮されています。また、水分量が少なくなるので、釜揚げしらすよりも日持ちします。

また、地域によっても呼び方が変わることも多いそうです。水分量に関係なくしらすの加工食品全体のことを関東では「しらす」、関西では「ちりめん」と呼ぶこともあります。

◆生しらすとは

生しらすとは

しらすは鮮度が落ちるのが早いため、生で食べられるのは水揚げされたその日のみです。

そのためスーパーなどではあまりお目にかかることはできませんが、産地ではとれたての生しらすを販売している直売所や飲食店などがあり、新鮮な生しらすを味わうことができます。

しらすの産地として有名なのは、静岡県や兵庫県、神奈川県などです。旬の時期は産地によっても異なりますが、主に春と秋になります。

最近では、生しらすを冷凍したものを販売しているところもあり、自宅でも食べることができるようです。

◆しらすの保存方法

冷蔵庫で保存する場合は、密閉容器や密閉袋に入れて保存しましょう。釜揚げしらすは特に傷みやすいので早めに食べ切りましょう。

冷凍する場合は、小分けにしてラップで包み、冷凍用の保存袋に入れて冷凍します。

凍ったまま炒めものなどの料理に使用できます。

◆栄養

【しらすの栄養(可食部100gあたり)】

釜揚げしらす しらす干し

(微乾燥品)

しらす干し

(半乾燥品)

エネルギー 80㎉ 113㎉ 187㎉
たんぱく質 17.6g 24.5g 40.5g
脂質 1.7g 2.1g 3.5g
ナトリウム 840㎎ 1700㎎ 2600㎎
カリウム 120㎎ 170㎎ 490㎎
カルシウム 190㎎ 280㎎ 520㎎
マグネシウム 48㎎ 80㎎ 130㎎
リン 320㎎ 480㎎ 860㎎
亜鉛 1.1㎎ 1.7㎎ 3.0㎎
ビタミンA 140㎍ 190㎍ 240㎍
ビタミンD 4.2㎍ 12.0㎍ 61.0㎍
ビタミンB1 0.07㎎ 0.11㎎ 0.22㎎
ビタミンB2 0.04㎎ 0.03㎎ 0.06㎎
ナイアシン 2.1㎎ 2.6㎎ 7.4㎎
ビタミンB12 1.5㎍ 3.2㎍ 6.3㎍

参考:文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」

・骨粗しょう症の予防に!カルシウム

骨や歯を作るのに欠かせないミネラルで、体内にあるカルシウムの99%は骨と歯に存在しています。

また、筋肉を動かしたり、精神の興奮をおさえて安定させるなどの効果もあります。

カルシウムは吸収されにくい栄養素のひとつですが、しらすにはカルシウムの吸収を高める効果があるビタミンDも含まれているので、効率的に摂取することができます。

・骨や歯をつくる!マグネシウム

マグネシウムはリンやカルシウムと共に働き、歯や骨を作るために必要なミネラルです。

また、カルシウムと協力して筋肉の働きを調整する役割もあります。さらに、体内の酵素の働きを助けてエネルギー生産にも関わっています。

・カルシウムの吸収を助ける!ビタミンD

ビタミンDはカルシウムの吸着を高める骨の健康に欠かせない栄養素です。魚介類やきのこ類に多く含まれています。また、免疫力を高める効果も期待できます。

・血液サラサラ!EPA(エイコサペンタエン酸)

魚油に多く含まれているn-3系脂肪酸の一種で、血液をサラサラにする効果があり、血栓の予防や高血圧の予防に効果的です。

動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防にも効果が期待できます。

・認知症予防にも!DHA(ドコサヘキサエン酸)

こちらも魚油に多く含まれているn-3系脂肪酸の一種で、常温でも固まりにくいという性質があります。

脳を活性化させる効果があることから認知症の予防や脳の発達促進に効果が期待できます。また、動脈硬化の予防改善にも効果的です。

◆しらすの栄養を上手にとるコツ

しらすの栄養を上手にとるコツ

・梅干しと一緒に食べる

カルシウムやマグネシウム、ビタミンDなど、骨を作るために必要な栄養素が豊富に含まれているしらすは骨粗しょう症予防にもぜひ食べたい食材です。

また、梅干しに含まれているクエン酸にはカルシウムの吸収を助ける働きがあるので、しらすと一緒に食べることでさらに効果が期待できます。

和えものやしらすどんぶりなどにして食べるのがおすすめです。

・塩分が気になる場合はゆでる

塩水でゆでて加工されているしらすは塩分が多く含まれているため、食べ過ぎには注意が必要です。

塩分が気になる場合は、さっとゆでて塩抜きをしてから調理するのもおすすめです。

◆レシピ|しらすときゅうりのサラダ

たたききゅうりとしらすで作る簡単サラダです。ごま油の香りが食欲をそそるドレッシングをかけていただきます。

レシピ|しらすときゅうりのサラダ

【材料(2人分)】
釜揚げしらす…30g
きゅうり…1本

A酢…大さじ1/2
Aしょうゆ…大さじ1/2
A砂糖…小さじ1/2
A塩・こしょう…各少々

ごま油…大さじ1

【作り方】
①きゅうりはヘタを切り落とし、すりこぎでたたく。ヒビが入ったら、一口大の大きさにほぐす。

作り方①

②ボウルに【A】を入れて混ぜ合わせ、ごま油を少しずつ加えてその都度混ぜる。

作り方②

③皿にきゅうり、釜揚げしらすを盛り付けて、②をかける。

作り方③

【ポイント】
・ドレッシングは作りやすい分量です。

◆まとめ

丸ごと食べられるしらすはたんぱく質が豊富で、カルシウム補給にもぴったりな食材です。

「釜揚げしらす」「しらす干し」「ちりめんじゃこ」は呼び名が違っても原材料は同じ。

料理やお好みに合わせて使い分けてみてもいいですね。栄養満点なしらすをいろいろな料理に加えて美味しくいただきましょう。

食事の栄養バランスが気になるけれど、毎日バランスを考えて料理をするのが大変という方にもおすすめなのが「まごころケア食」のお弁当です。

「まごころケア食」のお弁当は、管理栄養士監修で、栄養バランスが整った食事を手軽に食べることができます。

「糖質制限食」は1食あたりの糖質を15g以下に設定されているお弁当。

自分で糖質計算をして料理をするのはなかなか大変ですが、「まごころケア食」のお弁当なら手軽に糖質コントロールをすることができますよ。

お弁当には、お肉かお魚の主菜が1品、副菜が3品入っています。おかずのバリエーションも豊富なので楽しみながら継続することができます。

糖質量が気になる方はぜひ、「まごころケア食の糖質制限食」をお試しください。

この記事の作成者:松井さゆり(フードコーディネーター)
この記事の提供元:シルバーライフ

記事一覧へ戻る