あさりの効能とあさりであったかスープパスタを作ろう

あさりの効能とあさりであったかスープパスタを作ろう
医師監修の冷凍弁当で手軽に健康生活を

魚介の旨みたっぷり!

スープにパスタ、炊き込みごはん…

だしと旨みがたっぷり含まれるので、どんな料理も美味しく仕上げてくれます。

そんなあさりに今日は着目。

あさりの栄養成分や効能、あさりを使った美味しいレシピをご紹介していきたいと思います。

〜あさりの栄養〜

あさりには様々なミネラルが豊富に含まれており、特に貧血予防に欠かせない鉄や亜鉛、ビタミンB12を含んでいます。

貧血気味の方はあさりを摂るようにすると良いですよ!

・カリウム

体内の余分な塩分を体外へ排出してくれます。

そのため、むくみ予防、高血圧予防に良いと言われています。

・カルシウム

骨を丈夫にしてくれる栄養素。

骨粗鬆症予防に欠かせない成分です。

また、成長期にも必須な栄養素です。

・鉄

赤血球のエサとなり、全身に酸素を運んでくれます。

不足すると貧血の原因になります。

・亜鉛

味覚を正常に保ってくれます。

また、生活習慣病の予防や風邪予防にも役立つと言われています。

・ビタミンB12

不足すると、頭痛やめまい、吐き気などの悪性貧血や、神経痛や慢性疲労が起こりやすくなると言われています。

・タウリン

あさりの旨み成分。

肝機能の促進、二日酔いの緩和、血液をサラサラにするなどの効果があります。

〜あさりと合わせるとよい食材〜

あさりの効能を活かすために、一緒に摂取すると良い食材をまとめてみました。

あさりには、以下のようなたんぱく質やビタミンC、ビタミンDが含まれた食材と合わせると良いですよ!

・トマト

トマトに含まれるビタミンCが、鉄の吸収を高めてくれます。

また、トマトの旨みと、あさりの旨みの相乗効果でより美味しい料理が出来上がります。

おすすめ料理
あさりのトマト煮込み
あさりとトマトのパスタ

・乳製品

乳製品に含まれるたんぱく質は、鉄やカルシウムの吸収を良くしてくれます。

骨を丈夫にしたい方におすすめです。

おすすめ料理
あさりのグラタン
あさりのクリームパスタ
クラムチャウダー

・きのこ類

きのこにはカルシウムの吸収を高めてくれるビタミンDが豊富に含まれます。

調理する際は、低温から徐々に加熱することでより旨みが出て美味しくなりますよ!

おすすめ料理
あさりときのこのホイル焼き
あさりときのこの炊き込みごはん

〜あさりの選び方〜

旨みたっぷりのあさりですが、より美味しく召し上がるために美味しいあさりの選び方を知っておきましょう。

・殻付きの場合

貝殻の模様がハッキリした、黒っぽいものを選びます。

茶色っぽくなっているものは、鮮度が落ちている証拠です。

口はしっかり閉じたものが新鮮で良いです。

・むき身の場合

弾力があり、粘りが少ないものを選ぶようにします。

〜あさりの砂抜き方法〜

正しい方法で砂抜きしてあげると、より美味しいあさりが頂けますよ。

ぜひ実践してみてくださいね!

・用意するもの

あさりが重ならず並べられるバットと網
海水と同様の塩分濃度の水
(水500mlに対し、塩大さじ1)

・砂抜き方法

①水と塩を合わせておく。

②バットの上に網を乗せ、その上にあさりを並べる。あさりの頭が軽く出るくらい塩水を注ぐ。

③2〜3時間常温で放置する。

あさりは暗い場所で砂をよく吐くため、上に新聞紙などを重ね、暗くするのがおすすめです。

〜あさりのあったかスープパスタ〜

身体が冷えるこの季節。

芯からぽかぽか温めてくれるスープパスタを作ってみましょう。

あさりを加えたスープパスタは、だしが効いて旨みたっぷり!

いつものパスタもより美味しい、絶品な料理に仕上がりますよ!

温かくて美味しい。

そんな料理は、寒い冬、疲れた身体に染み渡りますね。

あさりを加えるだけで充分美味しいので、味付けも塩胡椒だけととても簡単です。

いつものパスタに飽きた。

そんな時はあさりのスープパスタを作ってみてくださいね!

【あさりのスープパスタ】

あさりのスープパスタ

あさりの塩気とだしが効いて絶品な味わい。

コクのある、柔らかなミルキィなお味です。

あさりも冷凍されたむきあさりを使うと、塩抜きなどの手間も省けて楽ですよ!

材料(1人分)
冷凍あさり…70g
乾燥パスタ(10分茹でのもの)…70g
ほうれん草…2株
油…大さじ1
料理酒または白ワイン…大さじ1

○水…600ml
○コンソメ粉末…4.5g

(仕上げ用)
塩…ひとつまみ
黒胡椒…適量

作り方

①ほうれん草は5cm幅に切る。

作り方①

②深めのフライパンに油と凍ったままの冷凍あさりを加え強火で炒める。

③火が通ってきたら料理酒または白ワインを加え沸騰させる。

④○を加え混ぜ、パスタを半分に折り入れ5分茹でる。

作り方④

⑤ほうれん草を加え、パスタがお好みの硬さになるまで3分ほど煮込む。

作り方⑤

⑥火を止め、仕上げに塩、黒胡椒で味付けする。

【このレシピのコツ・ポイント】

・アルコールと合わせることで、グッと旨みが増します。
・パスタは5分、7分茹でのものなら、工程④で2〜3分茹で、残りは1〜2分ほど茹でて火を止めてください。

〜最後に〜

どんな料理にも使えるあさり。

あさりの旨みのおかげで、絶品な料理ができあがります。

なんだかあさりが食べたくなりましたね!

美味しさだけでなく、あさりの栄養素もしっかり摂るために、相性の良い食材と組み合わせて調理するようにしましょう。

ですが、なかなか献立を考えるのも手間がかかってしまいますよね。

栄養面も考慮するとなると頭も使いますし、忙しい時や疲れている時は特に億劫になってしまいます。

そんな時は、シルバーライフのまごころケア食がおすすめです。

管理栄養士が栄養面を考え献立を立てた、栄養バランスもしっかりしたお弁当です。

魚、肉、たまご、大豆、野菜。

様々な食材をひとつのお弁当で楽しむことができますよ。

冷凍保存できるので、冷凍庫にストックしておくと疲れた時や、料理するのが面倒な時にとても役立ちます。

献立の種類も豊富なので飽きずにすみますし、お弁当の種類も5種類用意されています。

・バランス食
・カロリー調整食
・糖質制限食
・塩分調整食
・たんぱく調整食

ご自身の体調や身体に合わせて選択できるのも嬉しい点です。

また、電子レンジで3分ほど加熱するだけですぐ召し上がれるので、手間もかからず気軽に召し上がれます。

手軽に栄養をしっかりとりたい。

そんな方はぜひ、まごころケア食を一度お試しください。

おてがる制限食「まごころケア食」

この記事の作成者:藤本あゆみ(IBS料理研究家・ライター)
この記事の提供元:シルバーライフ

記事一覧へ戻る